山姥日記

富士山とお向かいに棲むオバちゃん

2月にバイバイと思ったら今年は閏年だ

2月14日

梅の花が匂う時期は終わり

桜の蕾が膨らむのを待っている今日この頃

 

確定申告も終わって

他の用事もほぼ終わり

優しい三月が来る

 

けれど、

ニュースは暗い事ばかりをことさら大袈裟に伝えているようにしか思えないし

希望を持てる何かはないのかと探すこともしないでいる

 

なんかさぁ

イヤになっちゃうよね

 

元旦の地震以来、暗澹たる思いを抱き続けてはいるけれど

それでも

何かいいことあるかなと、ぐるりと見まわす

 

 

でも

ないんだよね

 

 

1月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1016


世界でいちばん透きとおった物語 (新潮文庫 す 31-2)世界でいちばん透きとおった物語 (新潮文庫 す 31-2)感想
最初に宮沢賢治の「小岩井農場」の一節がある。これが今でも気にかかるが「わたしはかつきりみちをまがる」が主人公の未来を予想せるのかな。電子書籍にできないって、そこに意味はあるのかなぁ。最近はバーサンも電子書籍を読むようになったので、それでも紙の本のほうがいいけど、まぁいいか・・・。霧子さん、ステキ。
読了日:01月16日 著者:杉井 光


きこえるきこえる感想
う~~ん・・・。ババァには少し納得がいかないなぁ。QRコード読み取るのはいいんだけど、ミステリーとかホラーはネタバレなしだよって思ってしまう。特に最終話、ないよねぇ。とはいえ「聞こえる」で潰えるかと思ったけど、面白く読了。「セミ」子供の話しは辛いよねと思うが、良かった。
読了日:01月15日 著者:道尾 秀介


青瓜不動 三島屋変調百物語九之続青瓜不動 三島屋変調百物語九之続感想
やっぱり宮部みゆきだ。「青瓜不動」に泣いた。おちかの出産も無事に済みヤレヤレと思う。伊一郎と富次郎のこれからはどうなるのだろうと、気を揉むが・・・。
読了日:01月07日 著者:宮部 みゆき

 

「世界でいちばん透きとおった物語」

面白くなかった(面白かったと思っているヒト達にはゴメンねと言うしかないけど)

バーサンにはついていけないんじゃないのと言われそうだが

そこまでのバーサンではないつもりだし、読解力が劣っているとも思ってはいない

 

「きこえる」

新しい試みはいいのだけれど、面倒だ

若い人たちにはいいのかなとも思うけど、これに関してはバーサンにはメンドクサイ

物語としては面白かったかなくらいか

 

「青瓜不動」

流石に宮部みゆきだけど、このシリーズにも飽きてきたのかな

でも面白かった

 

 

 

と、読書に関しても

今年は当りが無いのかとガッカリしてたら

二月に入ってからがよかったので、ちょっとウレシイ

二月の読書記録を少し前倒すと

森見登美彦の「シャーロック・ホームズの凱旋」が面白かった

モリミー大好きバーサンにとって文庫になったら買おうと思うほどだった

と言っても買わないかもしれないけど

 

 

トーチャンのパソコンが調子が悪くて中古屋さんに行ったら

その中古屋さんに「この表示が出たの初めて見た」と言われたらしい

今日来てくれてよかったですよ、この表示は壊れますよってパソコンが教えてるから

だそうだ

 

パソコンが調子よくなって喜んでいたらファックスが壊れた

いや、壊れたわけじゃなくて

パソコンが新しくなったので、ファックスの受信したのが何処に入ったのか

分からなくなって、そこはジーさん面倒で

だけど、バーサンはFAXないと困るしで

注文して、届いて、接続して

パッチワークの先生(?)のみっちゃんにFAX送ったり送って貰ったりして

無事完了

よかったよかった・・・

 

と思ったら、

トーチャンのパソコンとその周辺機器をつないでいるコンセントが壊れて

ワタシのと交換して(ワタシはコンセント二つで間に合ってるし)

 

それも無事解決したら

お風呂の灯油が空っぽになって、トーチャンマジ切れ

仕方がないから「よしよし」してご苦労様でございますと頭を下げた

 

ファックスが・・・の所からは今日の事

 

こんな一日が何年か一度やって来る

厄日か、いい日なのか分からないけど

 

終わりよければ全てよし

 

久し振りに外食した。2週間くらい前だけど

 

2月26日



 

と、言うわけで

 

 

 

2月にバイバイ

って、

明日も2月だった・・・

 

 

 

女子会というお祝い旅行

まずは

1月23日午前9時頃

やっと晴れて、温かな日になった

青空が嬉しい

 

 

中学生からの友人(一人は小学生の時から)と熱海へ

東京からと富士宮からと二人ずつ、各駅停車で熱海駅集合

 

(ご注意:以下の写真は友人が撮ってくれたものです)

まずは梅園

ほとんどの梅が咲いていた

猿回しのオニイチャンがいたけど、お猿は休憩中

梅の香りを満喫する

 

で、

来宮神社から下って海岸へ行く途中

熱海桜というのだそうで、殆ど咲いている

温泉街らしい横丁を横目で見ながら、歩く歩く

 

海の見えるカフェで休憩する

海の風が心地いいくらい暖かだったが、日が翳ると寒くて・・・

 

ホテル着

1月生まれが二人いたので割引があったらしい(やった~)

そこから

55年間のおしゃべりに花が咲くというよりは、喉が痛くなるほどしゃべる

 

古希祝だぁ

これからが楽しいぞと言ったけど、気分は中学生になっている4人とも

でもまぁ、あちこち痛いとか孫の話しとか

中学生ではないなぁ

一万歩以上歩いて、人生最高かなぁこの歩数と帰宅後トーチャンに自慢する

 

翌日はMOA美術館へ、熱海駅からバスに乗る

熱海駅前の人の波にびっくりする、こんなに混んでるのねと

MOA美術館 まずは長いエスカレーター

エントランスホール(っていうのか?)の天井のプロジェクションマッピング

 

板谷波山の作品の前で

「トーチャンはこのヒトの作品観て、こういうの造りたいって言ったのよね」

と言ったが、全く違うものを造っている

波山のことについて少し説明した(東京芸術学校の彫刻科出身で云々)

これは陶芸家の妻として当然だが、しゃべりすぎたか(笑)

 

吉田博木版画の100年をやっていて

吉田博という人を恥ずかしながら存じ上げなかったけど

すごく素敵で、帰宅後トーチャンに報告した(マグネットと絵葉書購入)

雨が降っていたので、眺望はそんなに良くなかったけど

珍しく冷たいお蕎麦を食べて、大満足

 

 

まさか、70歳になって

こんな旅行ができるなどとは思わなかった

元気に勝る賜物はないなぁ

 

昔、トーチャンの兄嫁から「40・50はひよっこ」と言われた

60からが女の醍醐味よと

 

ホントにそうだなぁ

60代も楽しかったけど「70代はもっと楽しいよ」と言われたこともある

肩に背負っていた重いものを下ろし、好きな事をやっていても文句も言われない

あちこち痛いけど、大きな病気もないし

日々のお楽しみが増えている

 

毎日毎日、今日は何しようかなと思いつつも何もしなくてもいいし

一日中読書していても、テレビを見ていてもお腹は空くし

それでも、誰にも迷惑はかけない(トーチャンを除く)

 

今回の一泊二日はご褒美だ

ちゃんと生きてきたご褒美だと思おう

 

四人とも元気で楽しく、また来年行こうね

 

 

楽しかったぁ

 

 

 

 

 

どんど焼きに呼ばれる

13日夕方 すごい雲が富士山を覆っている

氏神さんの新年会の後、どんど焼きが始まった

酔っぱらったHちゃん(オジサン)から何を言っているのかよく分からないが

とにかく、どんど焼きに夫婦で出てこいと言っているらしい電話が来て

仕方がないから、買った団子を三つ持って行った

 

どんど焼き14日

 

と、このあたりでは歌われていたんだけど

まぁ、いいか・・・ご時世だ

 

ウチのオヤジは無宗教なんだけど、氏神さんの氏子総代にさせられて

無宗教というのもなんだから、キリスト教徒だとかヒンドゥ教徒だとか言って

逃げようとしたらしいけど

村の長老から、つべこべ言わずやれと言われ

しかも「八百万の神様は何も気にせん」とぶちぶち言われたらしい

 

仕事柄、何か大いなるものがいることは身をもって感じているし

まぁ、アニミズムなのかしらね

 

 

能登地震、何かできたらいいなと思ったけど

図書館に行ったときに募金箱にチャリンとワンコイン入れ

これからも、どこかでまたチャリンと入れようと・・・一年の計

 

 

能登地震が来る直前 7歳ではありません

栃木ではお正月に水羊羹を食べる風習があるらしくて、娘が作っていた

それに蝋燭立ててお祝いしてくれた

本当は昨年11月が古希のお祝いだったけど

娘一家と息子一家に囲まれて、たいそう嬉しくベソまで掻いちゃったりした

オヤジも「よかったね。サプライズだ」と肩をポンポンしてくれた

 

11月にお祝いに貰ったタブレット 広辞苑第7版入り

古希だから紫色なのね

 

 

道尾秀介「きこえる」

道尾秀介のホラーは大好物で

白内障の手術で入院したとき持って行った本が「背の眼」という本で

担当医がギョッとしていた(担当医は若いオネーサンで、可愛い靴を履いていたっけ)

この「きこえる」という本、仕掛けがあって

QRコードを読み込んで音を聞く、YouTubeでだ

面倒だなと思ったけど、とにかく読んだ

面白かったのかと聞かれると、面白かったと答えるが

貰ったタブレットを使ったので、重かった・・・

 

 

 

だらだらとスミマセン

 

でも今、だらだたしたい気分なんです

 

スミマセン…バーサンの繰り言で・・・

 

 

明けまして・・・

1月4日お昼過ぎ

1月4日午後5時ごろ

明けましておめでとうございます

 

何年かぶりで、娘の家で息子一家もやって来て、賑やかなお正月

と、思ったら

大人たちのスマホが一斉に鳴り響き

娘がワタシの傍らに来て手を握り『バァバふるえてるよ』という

息子の連れ合いも『お母さん、ふるえてます』という

 

翌日は航空機の事故で

ニッポンはどうなっちゃうんだろうとドキドキした

 

被害にあわれた皆さまには心からご自愛くださいというしか

ワタシには能がないけれど、

お見舞い申し上げます

 

 

 

さて、2023年12月の読書記録

12月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2164

ぼくはあと何回、満月を見るだろうぼくはあと何回、満月を見るだろう感想
句友のねえさまに勧められた本。同時代を生きてきた人の最後は何を語るのかと読み始めた。「著者に代わってのあとがき」に泣く。富沢赤黄男の「蝶堕ちて 大音響の 結氷期」がすごいねと句友のねえさまが言ったけど、本当にそう思う。坂本龍一も度肝を抜かれたとあとがきを書いた鈴木正文氏にメールを送った。亡くなる二十日前に。死の直前にこの感性、このこともワタシには驚きだ。
読了日:12月06日 著者:坂本 龍一


緑の我が家 Home,Green Home (講談社X文庫)緑の我が家 Home,Green Home (講談社X文庫)感想
小野不由美のホラーは怖い。だけど、この本は図書館司書のオネーサンが言った通りで、あまり怖くなかった。最後が感慨深い。
読了日:12月08日 著者:小野 不由美

 


いつまでいつまで感想
このマンネリズムが好きだ。いつも若だんなはゲホゲホしながら頭をフル回転させ、小鬼たちはお菓子をねだり、兄やたちは凄まじい薬を飲ませ過保護で、ほかの妖は若だんなを慕い・・・。「これよこれよ」とワタシは嬉しくなる。
読了日:12月09日 著者:畠中 恵


博物館の少女 怪異研究事始め博物館の少女 怪異研究事始め感想
しゃばけ」みたいに長いシリーズになるのかなぁ。ともあれ、おみつは常世の人だったんダネ。トノサマが最後のほうで語る言葉「人はな・・・」から続く言葉は全くその通りだと思う。若いころは、自分に終末が来るなんて思いもしなかった。ババァになって先が見えていると、のんべんだらりと暮らせないなぁとは思うけど、習性は変えられない。だから一日に二冊も本を読んでしまうのだ年末なのにね。面白かった。
読了日:12月09日 著者:富安陽子


死ねばいいのに死ねばいいのに感想
イヤな小説だ。読んでいて胸糞悪いと思った。途中でやめればいいのに、読了。ただ「六人目」を読むと、誰がまともで誰がまともでないかという疑問(?)に捕らわれる。いや、最初からその疑問は通奏低音のように私の頭の中をぐるぐると巡っていたのかもしれない。イヤな話だけど、面白かった。
読了日:12月10日 著者:京極 夏彦


しろがねの葉しろがねの葉感想
面白かった。読み終わってから、直木賞受賞作と知った。夫曰く「直木賞取ったのは面白いよね、その作家が面白いとは思えないけど」まぁ、そうかもしれない。装丁が美しい。読み始めてすぐにこの装丁が象徴しているものが何だかわかるが、ずっと主人公の中にはこの美しい葉が生き続けるのだろう。ホントに、面白かった。
読了日:12月13日 著者:千早 茜


いつかたこぶねになる日 (新潮文庫 お 115-1)いつかたこぶねになる日 (新潮文庫 お 115-1)感想
えーっと・・・面白かった。夢中で読んだ。何故「えーっと」なのかというと、高校の時、こんな漢詩の訳をしてくれたらワタシだって漢詩に興味を持てたのにと地団駄踏んだからだ(実際には踏まなかったけど)もしも来世があったなら、芸術学部ではなく文学部に入ろうと心底思った。最後に出てくる陸游の詩に全くそうよねと共感する。還暦を過ぎてから今日までの10年間、本を読んだり俳句を作ったりを繰り返し、主婦という仕事をサボって楽しく暮らしてきた。まずは一巡目、何回か読むんだろうなという予感がする。はてなブログの『お隣・・・』(うろ覚えです)で見つけたブログの中に名前の出ていた本。図書館になかったので購入。エッセーはあまり読まないけど、梨木香歩は別腹で文庫になると購入するが、このヒトのもそうなるかどうかは今のところ分からない。
読了日:12月15日 著者:小津 夜景


蛇の棲む水たまり蛇の棲む水たまり感想
まずは図書館で借りてみようと思った。この本を来年一年生になる孫にあげようかと思ったけど、喜ぶのはママのほうかなぁとも思う。年長さんなのに、茶席に連れて行ったり日舞の体験をさせたりボルダリングに連れてったり、それらはすべて孫の要望らしいのだが、この本はどうだろう。美しい本だ。お話も深い。何しろ、梨木香歩だもん。ワタシのだけ買おうかな・・・
読了日:12月18日 著者:梨木 香歩,鹿児島 睦

読書メーター

 

 

「ぼくはあと何回、満月を見るのだろう」は俳句のねえさまに勧められて読んだ本

藝大出だなぁと読後直ぐ思った(ワタシの場合です)

 

「蛇の棲む水たまり」は装丁が美しい

欲しいと思うが、未だに買ってはいない

購入するか否か、もう少し考えよう

 

「いつかたこぶねになる日」はたこぶねが分からなかった

広辞苑によると「フネダコ」のメスが作る貝殻で、その内側に卵嚢を産み付け

保育する‥のだそうだ。

ja.wikipedia.org

読み終わるまで、少し時間がかかったが

この作家は俳句でも有名らしく(知らなかった)その俳句は少し難解

言葉は優しいが、バーサンには難しい

 

と、暮の忙しいときに読書に逃げた

どんな時でもイヤイヤ病は発症する困ったヒトなのだ

 

 

31日に栃木まで行くときも、3日に帰宅するときも

何故か渋滞もなく、冬の景色を眺めていた

 

樹海の横を通るのだが

冬枯れの樹々の美しさを堪能した

寒林とはまさにこのことだなぁと思いながらも詩心は

ワタシの胸の奥深くに沈み込んでしまっていたのが残念だった

 

 

新年早々、天災人災が続き

落ち着かない年になりそうだなと思う

でもまぁ

 

 

今年もよろしくお願いします

12月15日雨 きっと雲の中にいると思われているだろう

 

12月15日雨

 

  川向こうの句友の家からは

ワタシの棲む集落は雲の中にすっぽりと収まっているように見えるんだろうな

彼女の棲む集落も、ワタシの家からは雲の中だ


邂逅の滝 (文芸書・小説)邂逅の滝 (文芸書・小説)感想
まず「邂逅」を「わくらば」と読むのか?と電子辞書を手に取る。なるほど、これは使える(何に?)と思ったけれど、この言葉を使っても主宰に怒られるだろうなぁ。で、面白かったのかと自問すれば面白かったのだろう。でも、なんだかなぁとも思う。このモヤモヤは何だろう。全体を考えると、そうなのねと納得するんだけど。一つ一つの物語に違和感を感じるのだ。何が違和感なのかは分からない。哀しいんだな、きっと。面白かったことには違いない。
読了日:11月05日 著者:遠田潤子

読書メーター

11月はこの一冊しか読めなかった

結社の賞レースの為、毎日のように歳時記とにらめっこしていたし

なんだかんだと用事も多かった

 

12月に入り、鬼の首を取ったように読み続けている

師走はやることが多すぎて、それをしたくないがための逃げだ

所謂、幼い時からのイヤイヤ病

こういう時は、こうしてPCに向かって愚痴をこぼすのが一番かもしれない

今は「いつかたこぶねになる日」を読んでいる

 

賞レースの俳句を考えているとき

芭蕉漢詩

こればかりが脳内でぐるぐると巡っていた

あまりの教養のなさに自己嫌悪になりそうだった

 

 

今年は秋がすぐに去ってしまって

いまごろになって冬の紅葉が枯葉になり始めた

烏瓜の火のような色が目立っている

 

夏の夜に咲く花なのに9月になって咲いていた烏瓜の花

 

お化け屋敷もしくは葛の葉屋敷と化している我が家の庭には

いろいろな、近所の人の嫌がる草木が蔓延っている

ワタシにとっては、ソレがすごく綺麗なのだけど

 

12月7日夕方

12月9日

今日は富士山は雲の中で、雪が降っているのだろうなぁ

 

 

そうそう、最近

米津玄師をYouTubeで流している

孫の蒼ちゃんが夏休みの宿題の作文の中で米津玄師と書いていたので

ばぁばは興味を惹かれ、CDを買うかなと思ったけど

テレビのYouTubeでいいやという事になった次第

 

若いころは思いもよらなかったことが、最近多くなっている

物忘れもだけど、聴力だ

最近の若い人の音楽は騒音にも似ていると思ったときの驚き

速いテンポなので、歌詞が聞こえない

ラップは言葉を伝えようとしているから、大半は聞こえるが・・・だ

早口で喋られると聞き取れない

             (詐欺なのかなと思う電話は社名をわざと分からないように言う気がする)

ニュースもまた然り

 

 

だからと言って

年を取ったことに悲しんでいるのではない

年取ってから、見えることの多さにも驚いている

そうして、人を許せるようになったこと

と、いうか「まぁいいか」「どうでもいいや」と思えるようになったこと

面倒なことにかかずらわっているより、まずは自分の残り時間を考える

まだまだ、あれもしたいこれもしたいという事がことが多すぎて

面倒ごとは御免だわと思う

 

 

 

音もなく

冬の雨が降っている

雨の日には雨のことを考えながら暮らそう

 

 

 

元グレープフルーツの夏ミカンがいい色になってきた